ログハウス・別荘で快適スローライフをしよ~!!

ログハウス用語辞典
あ~さた~な


トップページ
ログハウスとは
ログハウスの特徴
種類&構造
メンテナンス
木の種類
セルフビルドとは
別荘の種類



アメリカン・ログハウス
(American loghouse〉

ハンドカット、マシンカットに限らず、アリカのスタイルを取り入れてつくられたログハウスのこと。とくに正確な定義はなく、アメリカ産のD型ログに中折れ屋根、屋根の下のデッキというのが、その具体的なイメージともいえます。実際にアメリカに建つログハウスは、ハンドカット、マシンカットともに実に多彩で個性的なものが多いです。→カナディアン・ログハウス、和風ログハウス 。


2014/9/11 更新

ルーフィング

野地板の上に張って屋根葺きの下地とする、防水性の高いアスファルト製などの材。

ログエンド

丸太の端(木口)という意味だが、丸太組みの壁の交差部分から屋外に突き出た部分を指すことが多い。

ログゲーブルエンド

妻壁部分に丸太を積み上げ、それに棟木や母屋を載せてルーフシステムとするもの。この部分の丸太は通常ノッチで組まず、ダボやボルトで接合するだけなので、妻壁が耐力壁となることはない。マシンカット・ログハウスに多く見られる。

ログシェル

ログハウスの丸太材の部分(壁のほか、トラスまたは小屋束と棟木・母屋を含む)だけを組んだ構造体。

ロフト

いわゆる屋根裏部屋の空間。建築用語では小屋裏。妻壁、天井(屋根)、床(1階天井)、間仕切りで囲まれ、通常の2階と違って耐力壁は存在しない。技術基準によれば、丸太組み構法の耐力壁は1階のみに限られており、2階はロフトとなるが、最近ではマシンカット・ログハウスの規制が緩和され、耐力壁を設けた総2階のタイプも登場している。ポスト&ビームハウスは在来構法扱いなので2階となる。




2015/2/25 更新

THE LOGHOUSE| 貸し別荘で簡単リゾート| 不動産業株式会社| 不動産購入について|
sCopyrightc 2008 スローライフ 不動産. All rights reserved.