ログハウス・別荘で快適スローライフをしよ~!!

ログハウス用語辞典
あ~さた~な


トップページ
ログハウスとは
ログハウスの特徴
種類&構造
メンテナンス
木の種類
セルフビルドとは
別荘の種類



アメリカン・ログハウス
(American loghouse〉

ハンドカット、マシンカットに限らず、アリカのスタイルを取り入れてつくられたログハウスのこと。とくに正確な定義はなく、アメリカ産のD型ログに中折れ屋根、屋根の下のデッキというのが、その具体的なイメージともいえます。実際にアメリカに建つログハウスは、ハンドカット、マシンカットともに実に多彩で個性的なものが多いです。→カナディアン・ログハウス、和風ログハウス 。


Last update:2014/9/11


ログハウスセルフビルドとは?

「自分で建てる」ことを意味しますが、設計、建築確認申請、基礎工事、大工工事、給排水衛生設備工事、電気工事など、全てを自分で行うことは資格も必要だったりしますし現実には困難だと思います。そこで部分的に専門業者にお願いして、大工工事や自分できそうなところだけ行うのが一般的のようです。
その場合ハーフビルドとかハーフセルフビルド、セミセルフビルドというような言い方をする場合もあります。
また自分では施工を行わず各工事をそれぞれの専門業者に発注し、施主(自分)がそれらを管理するものもセルフビルドの一種と言えるかもしれません。これはオーナービルドや分離発注方式と言われているようです。
セルフビルド、ハーフビルドという言葉があります。一般には自分の家を自分でつくってしまう事をセルフビルド、家の躯体(重要な骨組み)のみ、または屋根までプロに任せて、外壁や内装を自分でやるのをハーフビルドと呼んでいます。マシンカットログハウスは、このセルフビルド・ハーフビルドに非常に適しています。私自身、はじめてマシンカットの建築を始めたころ、こんなに簡単に家が出来ていいのか・・・と思っていました。通常マシンカットの部材キットには家一軒分の材料がすべて(というか1.2軒分くらい?)入っています。そしてその値
段は決して高くはありません。マシンカットの加工技術は10年前に比べると確実に良くなっており、雨の多い日本でも十分通用する品質になっています。本体の組み立てにはどうしてもクレーンが必要ですが、素人でもやってやれないことはありません。屋根工事も勾配がゆるければ足場も要らず、カラーベストなどは説明書を見ながらやれば誰でも貼れるように出来ています(細かい仕上がり具合を抜きにすれば)。内装についてもある程度基本をマスターすれば、難しいことではありません。多少道具にお金がかかりますが、将来的にも使えるものばかりですし、無駄になることはありません。

  

sCopyrightc 2008 スローライフ 不動産. All rights reserved.