ログハウス・別荘で快適スローライフをしよ~!!

ログハウス用語辞典
あ~さた~な


トップページ
ログハウスとは
ログハウスの特徴
種類&構造
メンテナンス
木の種類
セルフビルドとは
別荘の種類



アメリカン・ログハウス
(American loghouse〉

ハンドカット、マシンカットに限らず、アリカのスタイルを取り入れてつくられたログハウスのこと。とくに正確な定義はなく、アメリカ産のD型ログに中折れ屋根、屋根の下のデッキというのが、その具体的なイメージともいえます。実際にアメリカに建つログハウスは、ハンドカット、マシンカットともに実に多彩で個性的なものが多いです。→カナディアン・ログハウス、和風ログハウス 。


2014/9/11 更新

タイコ

丸太の上下を平たく加工すること。およびそのように加工した丸太材自体をいう。そのまま水平に壁積みするのが一般的だが、平たい面を横向きにし、曲面にグルーブを刻んで積む場合もある。最近のログハウスではほとんど見なくなった。この応用として、3面を水平にしたのがD形ログ。

耐力壁

工(構)法により意味は異なるが、主に建物自体の構造を支える壁を指す。ログハウスでは丸太組みの壁がそれで、妻壁や丸太組み以外の間仕切りは含まない。

ダグラスファー

日本名・米マツ。北米産のうち丸太(原木)の輸入が最も多く、日本国内で加工するログハウスに一番多く使われている。もちろん北米製ハンドカット・ログハウスの主材料でもある。

ダボ

材と材をつなぎ合わす、木製あるいは金属製の短い棒。各丸太間にこれを垂直に打ち込み、丸太組みの壁を補強することが技術基準で指示されている。

断熱材

英語ではインシュレーション。屋内の保温のために、壁、天井、床下の内部に入れる。断熱性の高いグラスウール、ウレタンフォームなどがあるが、最近では環境への配慮からウール素材なども出てきている。丸太組みの壁では、グルーブやノッチ部分にはさむ。

チンキング、シーリング

隙間を埋めて密封すること( コーキングの現代風の呼称)。丸太組みの壁のチンキング材、シーリング材として、モルタルに代わり、現在では弾力性の高い材料が一般的。

ツー・バイ・フォー工法

北米では最も一般的な建築方法。床や壁の枠組みを別個に組み立て、それらをつなぎ合わせて箱のような構造を造る。材の断面が2×4インチを基準とするので工法自体も2×4と呼ぶが、枠組み壁工法という呼び方が正式。実際には2×6、2× 8などの材も多用される。ログハウスでは床やロフト部分に応用可能。

テーパー

主に末口と元口の直径差に伴う丸太全体の太さの違い。「テーパーがきつい」と言う場合は、先細りの状態を指す。

トラス

屋根を支え、ロフトの構造を形づくる三角の枠組み。西洋小屋組みの基本となるもの。三角の底辺(妻梁や床梁)とほかの2辺の材(トップコード)の間に、横、縦、斜の材(ビーム、ポスト、ウエッブ)を取り付けることで、タイビームトラス、シングルポストビーム、キングポストトラス、クイーンポストトラス、フィンクトラスなど各種の形になる。ログハウスでは、妻壁以外にも装飾的に用いる例(飾りトラス)も多い。




根太

に床下地板を張る、床組みの角材。【野地板】 垂木の上に張り、屋根の下地とする板。コンパネなどの一般的合板が使われてきたが、最近は厚い板を構造材的に用いる例も多い。

ノッチ

丸太同士を交差させて組むために加工する凹部。あるいはその組み方自体のことや、丸太壁の交差部分そのものをいう。ハンンドカット・ログハウスではラウンドノッチ(凹部が半円状)、サドルノッチ(スカーフに重ねるため凹部が台形)、4ポイントノッチ(スカーフが深く大きいため、凹部が八の字形)、ウエッジノッチ(スカーフが丸太材の下方向にもつくため凹部の台形が小さい)が一般的。マシンカット・ログハウスでは、丸形成形ではラウンドノッチ、角形成形ではスクエアノッチが一般的だが、各社でアレンジを加えて精度を高めている。

おすすめWEBサイト 5選

2015/2/18 更新

sCopyrightc 2008 スローライフ 不動産. All rights reserved.