ログハウス・別荘で快適スローライフをしよ~!!

ログハウス用語辞典
あ~さた~な


トップページ
ログハウスとは
ログハウスの特徴
種類&構造
メンテナンス
木の種類
セルフビルドとは
別荘の種類



アメリカン・ログハウス
(American loghouse〉

ハンドカット、マシンカットに限らず、アリカのスタイルを取り入れてつくられたログハウスのこと。とくに正確な定義はなく、アメリカ産のD型ログに中折れ屋根、屋根の下のデッキというのが、その具体的なイメージともいえます。実際にアメリカに建つログハウスは、ハンドカット、マシンカットともに実に多彩で個性的なものが多いです。→カナディアン・ログハウス、和風ログハウス 。


Last update:2014/9/11


ログハウスログハウスとは??

ログハウスとは丸太を水平に積み上げて壁を作っていく(例外もあります)構法で、日本では正式には「丸太組構法」と呼ばれています。現代の建築構法のなかではかなり古典的な構法なのですが、大変強度に優れた構法で、中には何百年という時を経て現在もその姿を残しているログハウスもあります。日本の古い建築物のひとつである正倉院(校倉造)も造りはログハウスと同様で、その構造の強さを証明しています。強さだけでなく、自然素材そのもののログハウスは建築物としさままざまな素晴らしいメリットがあります。 カナディアンタイプとポスト&ビーム
ログハウスには、大別してカナディアンタイプとポスト&ビームがあります。カナディアンタイプとは、丸太を横に積み上げて壁をつくる、もっともオーソドックスなログハウスです。全面が丸太で囲まれるため、極めて保湿性と保温性に優れます。日本では防火法の関係で市街地に建てることができませんが、別荘やレストラン需要として、根強い人気があります。横積みの丸太が壁となり建物を支えるため、最強の耐震性を誇ります。新潟大震災でも、カナディアンタイプのログハウスは、なんと一軒も倒壊しなかったそうです。P&B(ポスト&ビーム)は、丸太の柱(ポスト)と梁(ビーム)によって基本的な構造をつくり出す新しいタイプのログハウスです。新しいタイプといっても、その軸組み構造は、まさに日本古来の伝統構法そのものです。縦、横、斜めに組み合わされたむき出しの丸太は、力強さと柔らかさを表現し、漆喰や珪藻土などの自然素材をふんだんに使った壁は、丸太との絶妙なコントラストを演出します。 P&Bは、防火法の制限を受けません。柱の配置次第でどんな形の家でもつくることができるため、個性ある住宅として、今、大変注目されています。

sCopyrightc 2008 スローライフ 不動産. All rights reserved.