ログハウス・別荘で快適スローライフをしよ~!!

ログハウス用語辞典
あ~さた~な


トップページ
ログハウスとは
ログハウスの特徴
種類&構造
メンテナンス
木の種類
セルフビルドとは
別荘の種類



アメリカン・ログハウス
(American loghouse〉

ハンドカット、マシンカットに限らず、アリカのスタイルを取り入れてつくられたログハウスのこと。とくに正確な定義はなく、アメリカ産のD型ログに中折れ屋根、屋根の下のデッキというのが、その具体的なイメージともいえます。実際にアメリカに建つログハウスは、ハンドカット、マシンカットともに実に多彩で個性的なものが多いです。→カナディアン・ログハウス、和風ログハウス 。


Last update:2014/9/11

ログハウスの用語をあれこれ集めてみました。ログハウスの購入を控えている人はや今のうちに覚えておいください。ログハウスの購入を考えてりる方にももっともっとログハウスの良さを知ってもらいたいと思います。

アーチカット

ログで構成された間仕切り壁に施すアーチ状の開口部。

雨仕舞

雨水が建物の中に浸入したりた漏ったりするのを防ぐこと。

アンカーボルト

構造材や設備機などを固定するために、あらかじめコンクリート等に埋め込んでおくボルトのこと。

ウェッジノッチ

スカーフをログ材の上下に設けた、ハンドカットに用いるノッチ。



カービング

彫刻のこと。おもにハンドカットログの柱や壁に装飾として取り入れられる。

コーキング

セトリングで生じたログウォールの隙間などにパテなどの補充を詰めること。

ゲーブルエンド

トラスや束立てで屋根を支えるのではなく、棟木までログウォールの材を積み上げ、妻壁を造る構造。

外構工事

建築工事において建物以外の外まわりの工事をいう。

開口部

一般的には建具を入れた部分のこと。



サネ加工

木材の接合のために細長い凹部と細長い凸部=サネを作ることで、別名相ジャクリともいう。

シーダー

北米産の杉。高品質でハンドカット、マシンカットの北米製ログハウスに利用される。また屋根材や外装・内装にも用いられる。

仕口、継ぎ手

木材の接合部の形、および接合方法を意味する。木材2本をある角度で組む場合は仕口、長さ方向に1本に継ぐ場合は継ぎ手という。日本古来の仕口、継ぎ手には、複雑に加工するものが多いが、ログハウスでも、小屋組みやポスト&ビーム工法にはそれらが一部取り入れられている。英語ではジョイントと呼ぶ。

シュリンク

収縮という意味の英語。木材が乾燥とともに収縮することを指す。木材の収縮は長さ方向では起こらず、厚さ方向に生じる。

シルログ

壁の丸太組みの最下段を構成する部材。壁の一方向では半割のもの(ハーフシルログ、またはハーフログという)をボルト留めし、そこに交差する丸太(フルシルログ、または単にシルログという)をノッチで組みボルトで固定する。

スカーフカット、リカーブカット

ノッチガ噛み合う位置を中心とし、丸太材の交差部分の両サイドの曲面を楕円状に削ぎ取ること。ハンドカットのラウンドノッチの場合は、丸太材の直径差などによって半円状凹部が合わない時下の交差する丸太材に補助的に施す。これをリカーブカットという。サドルノッチの場合は、台形凹部に合うように各丸太材の上方向に施し、スカーフカットと呼ぶ。ウェッジカットの場合はやはりスカーフカットを呼ぶが、上方向と下方向の両方に施す。


sCopyrightc 2008 スローライフ 不動産. All rights reserved.